求人に応募して薬剤師として薬局で働いています

地域の人から頼られる薬剤師に

最近ではAEDを使った応急救援の講習会や、緩和ケアの講習会も行っています。
地域の人たちから変わった会社だといわれることもよくあります。
健康増進の講習会など開くと、薬が売れなくなって困るんじゃないのとよく言われています。
私たちがこのような取り組みを行っていくことで、目に見えない壁が取れて身近に感じてくれる人たちが多くなってきています。
今では体の具合が悪くなくても、近くの人がふらっと立ち寄ってくれていろいろと話をしてくれるようになりました。
そのことで病気の予防の話もできたり、薬に関しても以前より突っ込んだ話ができるようになっています。
私が違和感を持っているのは、周りの人たちから先生と呼ばれることです。
先生は医者だけで薬剤師は先生ではないと私は以前から思っていました。
実力が伴っていないのに先生と呼ばれてしまうことに、プレッシャーを感じています。
先生と呼ばせないことも一つの方法になりますが、先生と呼ばれているのならば自分が薬剤師として力をつけて本当に患者、そして医療の役に立つようにならなければいけないと毎日感じながら、地域の人たちとのコミュニケーションをとって働いている今日この頃です。

薬剤師としてステップアップのための求人さがし薬剤師としてやりがいのある毎日地域の人から頼られる薬剤師に